おたふくかぜ、夏にかけて流行

患者報告数が高止まりしている流行性耳下腺炎について、国立感染症研究所は27日までに、前回の2010~11年の流行に次ぐ流行状態になっているとの見解を明らかにしたという。同研究所は今夏にかけて患者が多い状態が続くと予想。「流行状況、発生動向に注意が必要」としているとのこと。
流行性耳下腺炎は、ムンプスウイルスの感染によって耳下腺が腫れる感染症。気道を介して飛沫感染する。潜伏期は2~3週間。物を噛む時にあごが痛むことが多いという。合併症としては、髄膜炎や脳炎、膵炎、難聴などがある。発熱には鎮痛解熱剤の投与を行うなど、治療は基本的に対症療法で、ワクチンの接種が有効な予防方法とされている。4~5年間隔で大きな流行を繰り返す傾向があるそうだ。
同研究所によると、6月6日から12日までの週の全国の患者報告数は、定点当たり0.94人。過去3年間の同時期の報告数を大きく上回っており、過去10年間の同時期と比較した場合でも「流行した06年と10年に次いで高い水準」としているという。
この週を含む直近の5週間の都道府県別の患者報告数にも触れ、「定点あたりの累積報告数の上位5位は宮崎、山形、佐賀、鹿児島、石川であった」と説明。年齢別では、3~7歳が全体の66%を占め、5歳が最も多かったという。
こうした状況を踏まえ、同研究所は「16年は10~11年に次ぐ流行が見られており、ムンプスウイルスが検出された無菌性髄膜炎の報告数も増加傾向にある」としている。
「おたふくかぜ」というと大したことがないように思われるかもしれないが、合併症などのリスクもある危険な病気だ。予防や罹患した時の治療などしっかり行っておくべきだ。