スタバのお茶専門店

日本上陸の方針が明らかとなり、話題沸騰中のお茶の専門カフェ「ティーバナ」。2012年にスターバックスが買収し、2013年10月、ニューヨークに1号店をオープン。店内は黒や木目調を基調とした落ち着いた雰囲気で、収容人数はテーブルとカウンターを併せて20人ほどとのこと。スタバと比べるとかなり広々とした空間になっているようだ。カウンターに座ると目の前でお茶を入れる光景を目にすることができ、ゆっくりとお茶が出来上がる光景を眺めているだけでも癒される。茶葉は紅茶・緑茶・烏龍茶・ハーブティーなど常時100種類以上が取り揃えられており、スタンダードなホットティー・アイスティーの他にもティーラテやお茶とジュースを混ぜた「TEA+JUICE」、ティースムージーなど豊富なメニューが提供されている。緑茶をオーダーすると店員が茶葉の入った缶を開け2種類の匂いを嗅がせてくれて、好みのものを選べる。茶葉のみの購入も可能となっている。フードメニューもサンドイッチやご飯ものの食事系から、クロワッサンやクッキーなどのスイーツ系まで充実しており、ランチ・お茶など用途によってメニューを選ぶことができる。
抹茶ラテなど抹茶を使用するメニューを頼むと、茶筅を使用して1回1回抹茶をたててくれるそうだ。ニューヨークの店舗で外国人店員が目の前で抹茶をたててくれる姿は、日本人にとっては何とも不思議な光景だ。茶器やタンブラーなどのオリジナルグッズに販売もしており、お茶とともにおみやげとして購入するのに良さそうだ。お茶の魅力を堪能できるティーバナ、日本上陸が待ち遠しい。