野菜を食べようと思ったら「土が入ってた」

「サラダを買ったんだけど、開けてみたら栽培セットだった」
ファミリーマートで販売中の野菜栽培キット「育てるサラダ」シリーズをめぐり、ネット上で「普通のサラダと間違えて購入してしまった」との報告が上がり始めているという。
実際に購入した人によると、栽培キットにもかかわらず店員は「割りばし」と「お手拭き」を付けてきたという。ツイッターなどでも「店員ですら勘違いしているのでは」との指摘が多数上がっているようだ。
2016年4月19日に発売された「育てるサラダ」は、ファミリーマートとサカタのタネ、住友化学園芸が共同開発した新商品。初心者でも手軽に楽しめる家庭栽培キットとして発売されたもので、プラスチックのカップの中に圧縮した培養土と数種類のレタスなどの野菜の種、肥料の3点が入っているそうだ。
だがこの「育てるサラダ」、栽培キットであるにもかかわらずほとんどの店舗でサラダ売り場のすぐ近くに陳列されているという。加えて、商品のふた部分には青々としたサラダの写真が全面にデザインされており、遠目では栽培キットと判別するのは難しい。
こうした点からネットでは「分かりづらい」「まぎらわしい」といった指摘が殺到。実際、ツイッターやネット掲示板には「野菜足りてないと思ってコンビニでサラダ買ったら育てるタイプだった」「ファミマでサラダ買ったんだけど、開けてみたら栽培セットじゃん」「珍しく野菜を取ろうと思って買ってみたものの、『育てるサラダ』だったので仕方なくサラダを育て始める」などと、すでに普通のサラダと間違えて購入してしまったという報告も複数件寄せられているという。
特設された販促ポップにも、すでに出来上がったサラダの写真が大きくデザインされており、遠目で見た限りでは「栽培キット」を販売しているとは思えないという。
しかしファミリーマート広報部は「把握している限り、お客様から『普通のサラダと間違えて購入してしまった』という苦情が来たことはありません」と話しているという。
栽培キットを総菜売り場の一角に陳列する理由については、「普段ファミリーマートでカット野菜やサラダを購入しているお客様に、新たに栽培キットに興味を持って頂くため、近い場所に陳列しております」として、間違えて購入させる意図は一切ないとのこと。
レジの店員がお箸やお手拭きといった「飲食用」の消耗品を付けるケースが多数報告されている件については「割りばしやお手拭きを付けるかどうかの判断は各店舗に任せているため、本部としては何とも申し上げられません。ただ、『育てるサラダ』では土に水をかけてほぐす際に割りばしなどが必要になるので、それを分かった店員が付けているのかもしれません。」と説明。
実際に店員が土をほぐすために割りばしを付けているかはわからないが、もしそうだとしたらなかなかできる店員なのかもしれない。「苦情は来ていない」というのは、間違って買ってしまった人も「面白い」「ネタになる」と笑って許してしまっているケースと、なぜかすんなり「育ててみることにした」と受け入れているケースがあるからだろうか。苦情を淹れるほどの出来事ではないかもしれないが、今すぐ野菜を食べたかった人は少し困ってしまうのでは…?

韓国のチョコパイが人気

韓国の菓子メーカー「オリオン」が「チョコパイ バナナ味」を発売し、大ヒットとなっているという。
オリオンからは、通常のチョコパイが1974年から販売されている。バナナ味は42年ぶりの姉妹製品として発売日より前から注目を集めていたそうだ。
同社によると、発売からわずか3週間で1000万個を販売したと発表。あまりの人気のため週末も休まず、24時間工場をフル稼働しているが、売り切れが続出しており追いついていない。売上額は30億ウォンを超えたと予想される。
現地住民を中心に、SNSにチョコパイ関係の投稿があふれ、ネットでも「近所のコンビニを5軒、スーパーを2軒回ったが、全て売り切れだった」「ネットオークションを見たら3倍以上の価格で売られている」「地方のスーパーにはまだあると聞いたが、売り切れていてショック」と話題になっているそうだ。
バナナ味は気になるが3倍の価格を払うより落ち着くのを待ちたい。日本でも新大久保などに行けば見つかるかもしれない。