誕生日を登録できる炊飯器

シャープが販売している「誕生日登録機能」付き炊飯器がツイッターで話題になっているそうだ。「これは必要か?」という問題提起をきっかけに、「孤独な人でも祝ってもらえる」「その優しさが人を傷つける」「将来の個人情報収集につながるのでは」など、さまざまな意見が上がっている。なぜこのような機能を付けたのだろうか?
話題になっているのは「ヘルシオ炊飯器」。音声とメロディで操作を手伝ったり、使い方をアドバイスしたりする「ココロエンジン」が搭載されている。例えば、点滅する「聞いて」ボタンを押すと「シイタケがおいしい季節ですね。次はキノコの佃煮を作ってみませんか?」、ふたを開けると「いつもきれいに使ってくれてありがとうございます」といった具合に音声が流れるそうだ。
そんな炊飯器に実装されている誕生日登録機能。取扱説明書には「ご自分やご家族などの誕生日を登録しておくと、誕生日当日にお祝いの言葉を話します」とある。実際には、ふたを開けた時にメロディが流れ、「お誕生日おめでとうございます」と音声が流れるそうだ。ツイッターでは「この機能は必要か?」という疑問や「その優しさが人を傷つける」「ふつうのお米を炊いても赤飯になる?」などさまざまな意見が交わされている。
「将来の個人情報収集につながるのでは」という意見についてシャープに確認すると、「あくまで家電に親しみをもっていただくためで、そういった目的はありません。そもそもヘルシオ炊飯器はネットにつながっていません」とのこと。
他にもすでにシャープでは、業界初の音声対話を実現した冷蔵庫などを発売しているという。インターネットにつながり、音声認識機能を搭載することで冷蔵庫と対話しながら庫内の食品管理ができるそうだ。保存する食品を声で登録しておけば、使用期限が近づくと冷蔵庫が知らせてくれて、その食品を使ったメニューも提案してくれるという。「これまで以上に、家族の一員のように頼られる存在になっていければ」とのこと。
確かに親しみを感じるかもしれないが、だからといって一人暮らしで誰にも誕生日を祝ってもらえないからって炊飯器に祝ってもらうのは悲しすぎる気が…。