カゴメがトマト缶詰24万個を自主回収

食品大手の「カゴメ」は、販売しているトマトの缶詰に金属片が混入している恐れがあるとして、およそ24万個を自主回収するとのことです。
カゴメが自主回収するのは主に業務用として販売しているトマトの缶詰、「ダイストマト2500g」で、賞味期限が2017年2月28日から3月12日までのおよそ24万個です。
カゴメによりますと、製造を委託している工場の製造ラインで一部製品にステンレス片が混入したそうです。
これまでのところ、健康被害の報告はないということですが、カゴメは「ご心配とご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げる」とコメントしています。
異物混入が増えていますね。
中にはわざと自分でやる人もいるんでしょうか。
個人的に、虫の混入は本当に気を付けてほしいです…