映画「ジュラシック・ワールド」の再現が流行っているらしい

長崎県の動物園「長崎バイオパーク」の飼育員が、映画「ジュラシック・ワールド」のワンシーンを再現して注目を集めているらしい。公式Twitterでいろいろなバージョンを公開しているとのこと。
「ジュラシック・ワールド」は現代に恐竜を蘇えらせる人気SF映画「ジュラシックパーク」シリーズの第4作目。14年ぶりの新作とあって北米では6月12日に公開されると史上最高のオープニング興行収入をを記録するなど大ヒットしている。
予告編の冒頭に主人公のクリス・プラットが3頭の恐竜を制するシーンがあるが、これがじわじわ来るとネットで人気に。そして、17日にオーストラリアのある飼育係がゾウアザラシ相手に撮影したパロディ写真を投稿したところ、動物園クラスタで大ヒット。各地の飼育員が続々と投稿するお祭り騒ぎとなった。
最新の状況はハッシュタグ「#JurassicZoo」「#jurassiczookeeper」などで確認できるそうだ。この世界的なブームに日本の動物園の中から参戦したのが長崎バイオパークだ。6月20日のラマに始まり、カピバラ、ダチョウ、コモンリスザル、オオカンガルーなど次々に投下してくれた。
同園によると、こちらは若手の飼育委員が「流行っているからやってみよう」と提案したもので、各動物の担当者が協力して再現。元ネタの再現に苦労するシーンもあったそうだ。
ちなみに長崎バイオパークと言えばVineの校舎として有名。モルモットの帰宅ラッシュやスイカを丸ごと食べるカバなどは世界で評価されている。こうしたSNSは若手~中堅のスタッフ3人で運用しているそうで、「地方の動物園が世界の方々に認めてもらえるなんて良い時代になりました」とコメントしているそうだ。
それにしてもカピバラを制している再現写真は、緊張感がなくて元ネタとの違いが何とも言えず面白い。こうした楽しみ方を国境を越えて行えるというのは、本当に良い時代になった。

ドラえもん、中国で興行収入90億円

中国で公開されたアニメ映画「STAND BY ME どらえもん」の興行収入が11日間で90億円を突破し、日本国内の興行収入を超えたそうだ。
日本で昨年夏に公開された同作は5月28日から北京など中国各地で公開。配給の東宝によると6月7日までの興収は74.26万ドル、日本円にして約93億円に達し、わずか11日間で早くも日本国内の興収83.8億円を超えた。
2012年9月の沖縄県・尖閣諸島の国有化で日中関係が悪化して以来、映画祭などを除き中国で日本映画が上映されるのは初めてだそうだ。中国でも幅広い世代に親しまれているとはいえ記録的なスタートダッシュだ。それだけドラえもんが世界中で愛されていると思うと凄いことだ。