新「Google Glass」登場?

Googleが提供する、ウェブ接続可能なメガネ型端末「Google Glass」の新バージョンが間もなく登場するかもしれないらしい。イタリアのメガネメーカーLuxotticaの最高責任者を務めるMassimo Vian氏は、同社がその新製品に取り組んでいると語ったという。同氏は近いうちに提供されると言っていたそうだが、具体的な時期は明かされなかったとのこと。
「Ray-Ban」や「Oakley」を提供するLuxotticaは2014年5月からGoogleと提携してGoogle Glassのフレームを開発しているとのこと。Googleは「チームは同製品の将来の構築に懸命に取り組んでおり、われわれは噂や憶測にはコメントしない」と話しているそうだ。
装着者の視界に画像やグラフィックを重ね合わせるGoogle Glassの開発は、2012年の製品発表以来いばらの道をたどってきた。プライバシー擁護派は同製品に組み込まれたカメラを批判し、世間からはオタクっぽいと同端末を嘲笑する声が上がった。製品をいち早く使用するユーザーは「Glassholes」と呼ばれる始末だ。
プライバシー保護も考慮し、洗練されたデザインと機能性の高いGoogle Glassの新バージョンが発表されれば世間の見方は変わるのだろうか?